白金高輪動物病院

白金高輪動物病院は2008年白金高輪にできた動物病院です

HOME > 専門外来 > 臨床病理

専門外来

臨床病理

動物たちの適切な治療のためには適切な診断が必要です。
そのために病変の組織や細胞を採取し、顕微鏡観察用のガラス標本を作り、この標本を顕微鏡で見て診断するのが病理診断です。
病理診断は最終診断として大きな役割を果たします。このような診断をするところが臨床病理科です。
特に腫瘤(しこり)の診断には不可欠です。
まずは炎症性なのか腫瘍なのかを判定し、腫瘍の場合は良性・悪性の判断や腫瘍の種類を確定します。
その結果により、それ以降の治療方針を決定していきます。
担当獣医師:難波 裕之
東京農工大学 家畜病理学教室 卒業
アルフォール獣医学校(フランス) 解剖病理レジデント 卒業
フランス獣医解剖病理認定医 取得
難波動物病理検査ラボ 開設
日本小動物がんセンター 病理部門アドバイザー
日本獣医がん学会誌 病理部編集委員
難波裕之 近影
ページトップへ