白金高輪動物病院

白金高輪動物病院は2008年白金高輪にできた動物病院です

HOME > 診療案内 > ワクチン

診療案内

ワクチン

母親からの免疫(移行抗体)がなくなる8週齢頃から接種を開始します。
当院では犬は1ヶ月ごとに3回、猫は2回の接種を推奨しています。その後は1年に1回の追加接種となります。
子犬・子猫の1回目のワクチン接種時には、便をご持参ください。
まれに寄生虫に感染していることがあり、その場合、ワクチン効果の減弱や感染が重篤化することがあります。
検便後の接種となりますので、便をお預かりした後20分程お待ちいただきます。
犬
6種混合ワクチン(¥6,825)
  • ジステンパーウイルス
  • アデノウイルスⅠ型感染症(犬伝染性肝炎)
  • アデノウイルスⅡ型(犬伝染性喉頭気管炎)
  • パラインフルエンザ感染症
  • パルボウイルス感染症
  • コロナウイルス感染症
9種混合ワクチン(¥8,190)
上記の6種混合ワクチンに、レプトスピラ感染症3種類(コペンハーゲニー・カニコーラ・ヘブドマディス型)を加えたものです。
犬種や年齢、飼育環境によって適したワクチンが異なります。詳しくは当院スタッフにご相談ください。
猫
3種混合ワクチン(¥4,200)
  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫汎白血球減少症
4種混合ワクチン(¥5,775)
上記の3種混合ワクチンに、猫白血病ウイルス感染症を加えたものです。
4種混合ワクチンは猫白血病ウイルスに感染していない子が対象となります。
そのため、接種前には感染の有無の血液検査が必要となります。
ページトップへ